脚を伸ばすために大事な歩き方とは

脚を伸ばすには骨を成長させる直接的な方法以外にも、体型を改善することやむくみを解消することも効果としてあります。また、普段の歩き方など立ち居振る舞いを改善することも足を長くする効果につながるのです。では、どのような歩き方に改善することで、足がスラっと見えて脚が伸びた効果につながるのでしょうか?

 

足が長く見える歩き方は、簡単に表現するとモデルの歩き方です。背筋を伸ばして軽く胸を張りお腹を引っ込めて、視線を下に向けないで真っ直ぐに前を向き歩きます。また足の運び方は、体の中心線の延長線上から多少内側に足を置くような感じです。

 

ただ、ここまで意識した歩き方をしてしまうと、どうしても不自然なので少し控えめなモデル歩きと考えておくと良いです。このような歩き方が自然と身に付くとモデルの様にスタイルがよく見えますし、ある程度足の筋力を使うので足痩せやヒップアップにも効果があります。

 

モデル歩き以外に心がけておく歩き方としては、大袈裟にならない程度に後ろに引くイメージで腕を大きく振ることです。また、かかとから地面に足が着地するようにして、蹴り上げる時には足の指を意識して歩くと、自然に足首を多く活用することになって足首が細くなりますし、ふくらはぎのむくみも解消されます。

 

ただしリラックスした状態で歩くことも大事なので、あまり脚を伸ばす歩き方を考え過ぎないことです。基本は正しい姿勢で歩くことなので、その点を理解しておくと良いです。